河野太郎防衛相は英語がペラペラ!SNSつぶやきも英語だった!

河野太郎防衛相の英語がペラペラすぎる!と話題です。

河野太郎さんは、外国の討論会では英語で発言されるくらいの高いレベルで、自分らしい表現で意見されています。

河野大臣がどのように英語をマスターされたのか?それにはちゃんと理由がありました。

そして、河野大臣のSNSも英語でされていることがわかりました。

河野太郎防衛相の英語についてまとめてみました。

 

河野防衛大臣プロフィール

河野太郎防衛相は英語ペラペラ

 

名前:河野太郎(こうの たろう)
生年月日:1963年1月10日
現職:衆議院議員(1996年初当選)
防衛大臣
所属政党:自由民主党(麻生派)

父:河野洋平:元衆議院議長
祖父:河野一郎:元副総理
大叔父:河野謙三:元参議院議長

 

父方は政治家ばかり、母方には伊藤忠商事の初代社長がいらっしゃる実業家の家計。

血筋がすご過ぎます。

いずれは内閣総理大臣の座を狙っていらっしゃるようですね。

 

河野太郎防衛相が英語がペラペラ

 

2020年9月9日の夜、アメリカのシンクタンク(各専門家を集めた研究機関)主催のオンライン討論会が行われ、河野太郎さんが防衛大臣の立場から英語で発言をされました。

カンペなしの流暢な英語は素晴らしいですね。

河野太郎さんらしい表現で、しっかりと意見を発信されている様子がわかります。

河野防衛相はなぜ英語がペラペラ?

 

河野太郎防衛相が英語がペラペラなのには、ちゃんと理由がありました。

それは、アメリカでしっかりと生の英語を学んだという留学経験でした。

 

1981年に慶応大学経済学部経済学科に入学後、わずか2か月で退学し、すぐに渡米。
マサチューセッツ州杏ドーバーのサマースクールに参加
コネチカット州ボーディングスクールに1年通学

1982年9月ワシントンD.C.ジョージタウン大学入学
1984年ジョージタウン大学を休学しポーランド中央計画統計大学(現ワルシャワ経済大学)に交換留学
1985年1月ジョージタウン大学復学
1985年12月ジョージタウン大学卒業

大学在学中、政治活動にかかわったり、財務部門のボランティアや下院議員のところでインターンを務めたりもされています

引用:Wikipedia

 

英語漬けの4年半の生活では、いずれ代議士になることを念頭に置いた勉学をしっかりとされていらっしゃいます。

河野太郎さんの場合、英語をマスターするための留学ではなく、英語がペラペラになったのはあくまで勉学の副産物です。

 

河野防衛相の英語!SNSの声は?

 

河野太郎さんほど、カンペも見ず流暢に英語を話す国会議員は、日本にかなり少ないです。

英語で直に外国の大臣などと会談することで、会談がスムーズだったり言いたいことが伝わりやすくなったりする長所があると思われます。

河野防衛相SNSつぶやきも英語!

 

河野防衛大臣は、英語でSNSにつぶやきをされています。

英語がペラペラな河野太郎さんだからこその技ですね。

これだと海外の方も河野防衛相のつぶやきをチェックできます。

 

やはり業務関係のものが多いですが、河野防衛相のおちゃめな一面が垣間見れるつぶやきもありました。

お堅いものばかりでないところが、実は河野太郎さんらしいのかもしれません。

 

河野太郎さんは英語のつぶやきをほぼ毎日発信されています。

声を発信すること、世の中の声をきくこと、それによって世の中と密接にされているのかもしれません。

 

まとめ

河野太郎防衛大臣が英語がペラペラですごい!とSNSでも話題でした。

河野太郎さんはアメリカの大学で約4年半、英語漬けの留学生活を送られていました。

英語を学ぶためではなく、英語はあくまでも勉学の副産物。

この英語力を生かし、大臣としてオンライン討論会ではしっかり英語で発言されています。

日本には、河野防衛相のように討論ができるほどの英語力をもっている国会議員は大変貴重な存在です。

SNSの発信も英語でされているとは、さすがです。

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク