コロナウイルス撃退に効果あり?アマビエとは?SNSで妖怪伝説が話題

新型コロナウイルスの拡大に伴って話題となっているのが「アマビエ」です。

妖怪・アマビエの画像を見せると疫病に効果があるのだとか。

疫病の予言もする「アマビエ」について調べてみました。

 

【アマビエ】に伝わる伝承とは?

 

アマビエは江戸時代の末期・弘化3年(1846年)4月肥後国(今の熊本県)に現れた妖怪といわれています。

その姿は半人半魚で、くちばしがあり、口から下はウロコでおおわれ足は3本なのだとか。

 

当時の瓦版には、アマビエについての記事と役人が見たというアマビエの絵が載っています。

 

毎晩のように海に光るものが見え、役人が海に調査に行った。

するとそこには奇妙な生き物がいて「私は海中に住むアマビエである」と告げた。

「この先6年間は豊作が続くが、もし疫病が流行するようなことがあれば私の姿を描いた絵を早々に人々に見せよ

と予言のようなことを告げ、海に帰っていった。

 

アマビエの絵を人に見せることで、疫病を封じ込めるという力を持っているということのようです。

絵心は必要ないとネットでは話題になっています。

 

SNSに投稿されたアマビエ

現代的瓦版として、ツイッターで自分の書いた【アマビエ】の絵を投稿し拡散する人が増えています。

 

 

 

 

 

 

【アマビエ】に似た伝説があった

ゲゲゲの鬼太郎のアマビエ

 

アマビエの目撃談は1件しかありませんし、名前の由来が不明だとされています。

しかし、よく似た名前で「アマビコ」の伝説がいくつかあります。

名前は違うものの、共通点がいくつかあります。

 

海中から現れる

・豊作と疫病を予言する

自分の姿を描いた絵を見ることで除災する

3本以上の足で立っている

 

ちなみに、アマビエは「ゲゲゲの鬼太郎」にも出ていました。

 

ところで、3本足といえば、神武天皇を導いた「ヤタガラス」です。

ヤタガラスは賀茂建角身命(かもたけつのみのみこと)という神様といわれています。

 

アマビエは、妖怪なのか神様なのかはわかりません。

でも、コロナウイルスが蔓延しそうな世界に警告と除災を行うシンボルとなるかもしれませんね。

 

まとめ

新型コロナウイルスの世界的な流行とともに、妖怪【アマビエ】が話題となっています。

人々が、先の見えないウイルスとの闘いに救いを求めているからこそ出現しているのかもしれません。

新型コロナウイルスが一日も早く収束してほしいと思います。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク