堺雅人が敬拝の神社は宮崎のどこ?みそぎ御殿を半沢神社と呼ぶ理由は?

TBS系日曜劇場【半沢直樹】は、最高視聴率も40%以上もたたき出した大人気のドラマです。

【半沢直樹】で主役の半沢直樹を演じられた堺雅人が、ターニングポイントの際には必ず神社に参拝するそうです。

その神社が、堺雅人さんの出身地の宮崎県にあることがわかりました。

こちらの神社には息子さんと一緒に参拝にも出かけたというニュースもありました。

堺雅人さんが敬拝する神社はどこなのか?調べてみました。

 

堺雅人が敬拝の神社は宮崎のどこ?

江田神社とみそぎ御殿は半沢神社

 

堺雅人さんが敬拝する神社は、宮崎県宮崎市にあります。

堺雅人さんの出身が宮崎県宮崎市で、高校生のころから家族で参拝に行かれていた神社で、氏神様ということでしょう。

神社の名前は江田神社で、その境内にある「みそぎ御殿」こそが、堺雅人さんが定期的に参拝されているところです。

 

住所:宮崎県宮崎市阿波岐原町産母127イ号ロ号

TEL&FAX:0985-39-3743

 

アクセス:

バス→宮崎駅から宮崎市フェニックス自然動物園行バス20分、江田神社下車

車 →宮崎駅から約15分

徒歩→シェラトン・グランデ オーシャンリゾートから徒歩約10分

堺雅人敬拝のみそぎ御殿は好転の強力パワースポット!

みそぎ池は禊の発祥地

 

「みそぎ池」は、みそぎの発祥の地といわれる、パワースポット愛好者の中でも、知る人ぞ知る強力な場所です。

みそぎとは・・・

罪や穢れを落とし自らを清らかにすることを目的とした、新道における水浴行為。不浄を取り除く行為である祓(はらえ)の一種とされる。

引用:Wikipedia

 

このみそぎを初めて行ったのがイザナギノミコトで、イザナギノミコトが初めて行ったみそぎの場所が「みそぎ池です。

そのため、この「みそぎ池」はみそぎの発祥の地ということになります。

 

『古事記』には、このみそぎの際に、伊弉諾が左目を洗うと天照大神が、右目を洗うと月読命が、鼻を洗うと素戔嗚尊が生まれたとされ、高く尊い三神が生まれたこの「みそぎ池」は神域なのです。

そしてこの「みそぎ池」を守るのが「みそぎ御殿」で、天照大神をはじめ9柱が鎮座されています。みそぎ御殿は、転機を好転させる強力なパワースポットといわれています。

 

堺雅人が参拝する半沢神社

 

堺雅人さんは、このみそぎ御殿に、家族とともに敬拝されており、大学で上京してからも帰郷するたびに「みそぎ御殿」に立ち寄って手を合わせていらっしゃいます。

また地元の方の目撃によると、堺雅人さんと妻の菅野美穂さんが安産祈願にも参拝されていた、ということです。

定期的に参拝されて神様からのパワーを授かっていらっしゃったようです。

【堺雅人】みそぎ御殿が半沢神社と呼ばれる理由は?

 

堺雅人が参拝する半沢神社

 

2013年から放送された堺雅人さんが主演の大人気ドラマ『半沢直樹』の視聴率は、最終話で42,2%のすごい記録を出しました。また2013年には「ブレイク俳優ランキング1位」にも選ばれました。

『半沢直樹』では、社会現象が起きるほどの人気で、日本だけでなく海外でも放送されていたので、堺雅人さんの役者としての知名度は、世界的にも広がりました。

堺雅人さんの大ブレイクのサポートは、定期的にご参拝されていたみそぎ御殿」のおかげだと感じ、お礼参りの際に直筆のサインを奉納されたそうです。

元々「みそぎ御殿」はほとんど知られることがなかった小さな神社ですが、この堺雅人さんのエピソードがメディアで紹介されたり口コミが広がったりと、いつしか半沢神社」と呼ばれるようになり、参拝する方でにぎわうようになったそうです。

堺雅人さんにとって、「恩返し」を「倍返し」されたんですね。

 

半沢直樹が1000倍返し

 

2019年の秋に、堺雅人さんは息子さんと2人で「半沢直樹」の続編の成功を祈願にみそぎ御殿」に訪れたそうで、2020年春から放送されている『半沢直樹2』でもかなり好調で、常に20%以上の高視聴率を出しています。

まとめ

堺雅人さんが高校生の頃から家族とともに敬拝している神社は、宮崎県宮崎市にあります。

江田神社の境内にある「みぞぎ御殿」に妻の菅野美穂さんや息子さんとも足を運ばれています。

堺雅人さん主演の『半沢直樹』が例にないほどの高視聴率を記録しているのは、「みそぎ御殿」のおかげだと、堺雅人さんは直筆のサインを奉納されました。

元々ほとんど知られることがない小さな神社だったのが、この堺雅人さんのエピソードを聞きつけた方が多く参拝に訪れるようになり、ご利益にあやかりたいと「半沢神社」と呼ぶようになりました。

 

ますます堺雅人さんの活躍に注目です。

堺雅人主演の半沢直樹
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク