木村拓哉のハンバーガーの持ち方がかっこいい!キムタク持ちの理由は?

マックCMでの木村拓哉さんのハンバーガーの持ち方が独特だと話題です。

野球のボールを握るような持ち方をする「キムタク持ち」と言われているようです。

どうしてキムタク持ちをするのか、その理由について調べてみました。

 

木村拓哉のハンバーガーの持ち方は独特すぎ

 

ハンバーガーを持つときは、親指と4本指ではさんで持つのが一般的な持ち方です。

マックのCMで、木村拓哉さんが中指と薬指の間にはさむような独特な持ち方をしています。

あまりにも独特な持ち方で「キムタク持ち」と呼ばれて話題になっています。

 

 

野球の球を投げる瞬間のような持ち方ですね。

中には、ハンバーガーをキムタク持ちした写真を撮るために、マックに行くという人もいるようです。

 

キムタク持ちの理由とは?

 

どうして木村拓哉さんは、こんな独特な持ち方(キムタク持ち)をするのでしょうか?

調べてみるといくつかの理由がありました。

 

理由① 本場アメリカのバーガーを食べなれてるから

 

ハンバーガーの本場と言えばアメリカですよね。

アメリカで多いハンバーガーの食べ方は、

親指と小指を下、3本指で上のバンズをはさんで食べる

両手でキムタク持ち

このように食べると、かぶりついたときに崩れにくかったりパティや具材が飛び出るのを防いだりする効果があるそうです。

 

木村拓哉さんは、別荘を持つほどハワイ好きで知られています。

ハワイ(=アメリカ)によく行くからこそ、キムタク持ちをするのかもしれませんね。

 

理由② お店推薦の持ち方だから

 

撮影の際、マックのお店から推薦されて「キムタク持ち」をしたそうです。

キムタク持ちは、「崩れないバーガーの持ち方」としてハンバーガー屋さんがお勧めする持ち方なのだとか。

見た目もかっこいいと話題ですが、理にかなった食べ方なのですね。

 

 

実は20歳のころからキムタク持ちだった!

 

キムタクは20歳のころから「キムタク持ち」でハンバーガーを食べていたようです。

20歳の頃に発売されたSMAPのCDジャケットで、ハンバーガーを食べているキムタクがいます。

よく見ると、ちゃんとキムタク持ちしています

お店が推薦する持ち方を、昔からしていたとはすごいですね。

 

キムタク持ちについてSNSの声は?

 

 

 

 

 

まとめ

マックのCMで、木村拓哉さんのハンバーガーの独特の持ち方のことを「キムタク持ち」と話題になっています。

理にかなったハンバーガーの持ち方のようですが、木村拓哉さんがするだけでかっこよく見えてしまいますね。

コーヒーの持ち方も独特だと、こちらも話題になっているようです

何をしても話題になるところが、さすがキムタクといったところでしょうか。

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク