【岡田晴恵教授】コロナでテレビ出演回数が半端ない!出演料はいくら?

新型コロナの蔓延に伴い、情報番組にひっぱりだこの岡田晴恵教授が連日テレビ出演をされています。

テレビで見ない日がないくらいの出ずっぱり状態なので、どのくらい出演されているのかを調べてみました。

それに伴う出演料はいくらなのか?をまとめました。

 

岡田晴恵さんが新型コロナの情報を伝えるためのテレビ出演は、まだまだ続きそうです。

 

岡田晴恵教授プロフィール

 

名前:岡田晴恵(おかだはるえ)

生年月日:1963年(2020年で 57才)

現職:白鴎大学教育学部特任教授

専門:免疫学、感染症学

学歴:共立薬科大学(現在の慶應義塾大学薬学部)卒業、医学博士。

 

岡田晴恵教授は、特任教授なので、必要ながあるときに期間を区切って講義をされています。

そのため常勤とは異なる就労条件で採用されているようで、大学の勤務時間には拘束されていないと思われます。

 

 

 

岡田晴恵さん 出演回数まとめ

 

2020年1月

 

1月出演番組合計・・・45本

 

 

2020年2月

 

 

 

2月出演番組合計・・・64本

 

 

3月

 

3月出演番組合計・・・20本 (3月10日分まで)

 

2020年1月15日から新型コロナウィルスの報道出演が始まってから1日しかお休みがありませんでした。

新型コロナが下火になるまで、今までのように連日のテレビ出演されるでしょう。

 

岡田晴恵さん テレビ出演料はいくら?

 

ある民放のプロデューサーに聞くと、

「番組出演のギャラは、基本的に1回で5万円ほど。バラエティ番組は10万円くらいでしょう。テレビ出演で顔が売れて、今後は講演依頼もかなり増えるのではないでしょうか」

番組出演料 5万円くらい

バラエティ 10万円くらい

 

岡田晴恵教授の月間出演料は、

1月 5万円 × 45本 = 225万円

2月 5万円 × 64本 = 320万円

3月 5万円 × 20本 = 100万円 ※3月10日までの出演

この中にバラエティ番組も数件含まれているので、この金額以上の出演料が入ったことになります。

 

さらに今後の講演依頼も増え、講演料も高くなるかもしれません。

 

講演依頼の相場は・・・

講演料金 ~30万円以内

天達武史(天気予報士)、

江草仁貴(元プロ野球選手)、

工藤孝文(ホンマでっかTV等出演のダイエットドクター) など

 

講演料金 31~60万円

二宮清純(スポーツジャーナリスト)、

小林さやか(ビリギャルのモデル)、

山本昌邦(サッカー解説者) など

 

講演料金 61~90万円

田原総一朗(ジャーナリスト)、

吉川美代子(アナウンサー)、

林家たい平(落語家)、

杉村太蔵(元政治家)  など

 

講演料金 101万円~

橋下徹(元大阪市長/弁護士)、

すみれ(モデル)、

杉山愛(元テニスプレーヤー)、

尾木ママ(教育評論家)  など

引用: 講師派遣サイト

 

新型コロナでのテレビ出演前、 岡田晴恵教授の講演料金は30万円以内だろうと思われますが、知名度が上がったので、もしかすると

60万円以上、101万円以上のランクになるかもしれません。

 

岡田さんは、研究内容として著作やメディアを介して感染症に関して見識を広める啓蒙活動を掲げているので、ワイドショーなどのテレビ番組に出演してウイルス感染症に関する一般論や最新情報を述べて広めることを仕事としています。

 

 

岡田晴恵さん 世の中の声は?

 

 

 

まとめ

岡田晴恵教授のテレビの出演料は1回5万円くらい、バラエティー番組番組だと10万円くらいということでした。

タレント並にお忙しい岡田教授ですが、タレントではないので出演料はタレントよりもぐっと抑えられているようです。

しかし、知名度が上がった分、今後講演等の依頼料は高くなると予想されます。

 

メディアに出ずっぱりになっている岡田晴恵さんが忙しすぎて、心配だという声が目立ちます。

 

一日も早く新型コロナウイルスが落ち着いてほしいものです。

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク