餅田コシヒカリの芸名の由来は?名前にまつわるエピソードも!

かわいいと評判の顔とスタイルのギャップが凄い持田コシヒカリさん。

「餅田コシヒカリ」ってお米の名前ですが、その芸名とコンビ名の「駆け抜けて軽トラ」の由来を調べてみました!

 

【餅田コシヒカリ】芸名の由来は?

駆け抜けて軽トラ

餅田コシヒカリさんの本名は、「持田ひかり」さんです。

田(もちだ)」 →「田(もちだ)」

ひかり」 → 「コシヒカリ

お餅とコシヒカリで、お鏡餅を連想させる名前になっていますよね!

そして餅田コシヒカリさんの体型は、まさにお鏡餅を連想させます!

名前と体型、そしてネタまでもが、お鏡餅と一体になっているような気がするのは私だけでしょうか?

 

餅田コシヒカリさん本人によると

お米のように愛される、誰もが知ってるコシヒカリのような存在になろうと思った

ことから名付けたそうです。

 

ちなみにコンビ名の「駆け抜けて軽トラ」は餅田コシヒカリさんの学生時代のあだ名が「軽トラ」だったことから名付けたそうです。

なぜ「軽トラ」というあだ名になったのかはわかりませんでした…。

 

【餅田コシヒカリ】名前にまつわるエピソード

持田コシヒカリネタ

 

餅田コシヒカリさんの名前にあるように、お米が大好きだそうです。

2017年のダイエット企画『ダイエット総選挙2017』に挑戦するまでは、お米に目がない生活をしていたようです。

大好きなメニューは「バターと醤油の炊き込みご飯」

これにマヨネーズをONして食べるのが至福の時間だったそう。

 

バターと醤油の炊き込みご飯は、確かにおいしそうですが、たくさん食べると胸焼けしそうですよね。

カロリー半端ない!!

しかもマヨネーズをONするとなると、胸焼け&胃もたれで胃薬が欲しくなる気がします。

 

ちなみにダイエット総選挙の企画では、炭水化物抜きダイエットで-15㎏を達成!

ダイエット本まで出版されています。

 

ダイエットに成功した後は、やはり米の生活が恋しかったのか、しっかりリバウンドされています。

リバウンド後は、お腹が鏡餅のようになってしまっていますが、お腹の肉を生かしたネタで話題になっています。

 

◆合わせてこちらも読みたい◆

カトパン似芸人・餅田コシヒカリが太ってる理由と残念エピソード

 

【餅田コシヒカリ】の芸名にSNSの反応は?

 

 

 

 

 

◆ あわせてこちらの記事もどうぞ ◆

持田コシヒカリの顔が小さい!小顔と体型とのギャップが気になる【画像】

【持田コシヒカリ】カトパン似でかわいいと評判!画像で比較してみた

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク