竹内結子は産後うつ?コロナ禍での高齢出産がリスクだった?

2020年9月27日に竹内結子さんが死去されました。

再婚した中林大樹さんとお子さんの家族で食事をするなど、仲睦まじい姿が何度も目撃されていただけに驚きを隠せません。

産後うつだったとのうわさについてまとめました。

 

竹内結子は1月に第2子出産したばかり

 

竹内結子は産後うつ?

 

2019年2月27日に中林大樹さんとの再婚を発表した竹内結子さんは、2020年1月下旬に第2子を出産されました。

第1子となる長男との年の差は14歳

第2子とはいえ、これだけ出産する時期がずれていると、身体的には初産と変わらないような気もします。

 

第2子出産後、初の公の場となったのが2020年9月1日。

「サッポロ一番おうちで偏愛フェス」キャンペーン開始式に登場されました。

この時話題になったのは、40歳で2児の母とは思えない若々しい竹内結子さんです

 

 

 

 

5才年下の中林大樹さんとの新婚生活も充実し、子どもに恵まれていることが顔に表れていたのかもしれませんね。

 

 

 

産後うつは高齢出産で高い発症リスク

 

竹内結子は産後うつ?

 

ネットでは、竹内結子さんが「産後うつだったのでは?」という声が多く上がっています。

 

【産後うつとは?】

出産後に起こる生活環境の変化や責任の増大などにより、女性やその夫が抑うつ状態になること。

うつ病の一分類として「産後うつ病」(略称・PPD)ともいわれる。

主に母親が育児を担当すること、また出産を機に女性ホルモンの分泌が急激に変化することから、女性が産後うつになることが多い

~コトバンクより抜粋~

 

産後うつは、高齢出産がリスクとなる場合が多いようです。

初産でなかったとはいえ、第2子の出産は39歳での高齢出産であることから、竹内結子さんの体はかなり負担を抱えていたと思われます

個人差がありますが、女性は40代から閉経に向かって女性ホルモンの分泌の変化していきます。

出産におけるホルモンバランスも重なって、産後うつを発症しやすいのかもしれません。

 

コロナ禍での育児と仕事の両立がストレス?

 

竹内結子は産後うつ?

 

出産直後は、数時間おきの授乳で睡眠不足になりがちですし、妊娠中よりも母体に負担がかかります。

とくに今年はコロナ禍で自粛生活から、家族以外の手助けを得られなかったことは十分考えられます。

竹内結子さんはCMや映画、ドラマでも活躍されていましたし、出産後数か月で仕事を再開されていました。

仕事と子育ての両立も大変なのに、コロナ禍でいつもと違う緊張感をもった生活は、かなりのストレスだったのではないでしょうか?

正確なところはわかりませんが、竹内結子さんが産後うつになる可能性は高いと思われます。

 

 

SNSの声は?

 

 

 

 

 

 

 

竹内結子さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

竹内結子は産後うつ?
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク