EXITマリオネットの歌詞を解説!エモすぎて泣けると話題!

お笑いコンビのEXITが新曲【マリオネット】を公式YouTubeチャンネルで公開しました。

その歌詞が「素敵すぎる!」「ラップで泣いたの初めて!」と話題で、公開日から2日で10万PVを超えています。

エモすぎて泣ける【マリオネット】の歌詞を解説していきます。

 

新曲はなぜ【マリオネット】?

マリオネットは、EXIT 兼近さんが2018年放送のバラエティ番組「ゴッドタン」で言った言葉です。

「俺たちは求められるなら、いつだってチャラ男にも真面目にもなる! 俺たちは国民のマリオネットだ!」

という言葉が元になって作られた曲です。

お笑いだけではなく、過去と向き合って未来を見据えた“マジ歌チャラップ”なのです。

チャラ男を封印したマジ歌ですが心に響く歌詞で話題になっています。

心に響くマリオネットの歌詞とは?

 

俺らマリオネット お前らの手の平の上ダンスフロア 踊り続ける
マリオネットでも忘れねえよ
辞めてったフレンドの分まで マリオネット
「お前らの手の平の上ダンスフロア」のところですが、兼近さんとりんたろー。さんの手のふりがリンクしていて、二人の気持ちがつながっている感を感じさせてくれます。
同じ夢を見つつ、諦めて芸人をやめていった人たちの分まで、この世界で頑張っていく覚悟を感じさせる歌詞になっています。
シクヨロ ヨロタノ ハジメマ
誰がつけたのか知らねーが いつからか呼ばれたネオ渋谷
第7ジェネのここが先頭だ バイブスは常にいとあがりけり
こんな熱いフェスの最中に 上がれないようなにわかのパリピ
相手してる暇はナイトプール haha
EXITがネタで使う言葉が使われてますねww
EXITといえば、チャラい言葉と古い言葉を混ぜたネタが特徴のネオ渋谷系漫才ですが、ジッター(=EXITファンの呼称)には嬉しい歌詞ですね。
 無限大、ルミネThe、NGK、パシフィコ、BDK からのドーム
発売と同時に秒でsold out
サーバー壊し 電子ローチケットダウン
こんなコメディアン過去にいる?
出待ちの列ならLike a タピミル それがいつかデケエうねりとなる
チャラ男のかける音で揺れる 遠くに散る

現在のEXITの活躍ぶりを表しています。

チャラ男キャラに設定したEXITがつかんだ成功をうまく表現していますよね。

 

でも俺は忘れねぇ 売れないチケットの束
客が4人のシアターD 人気芸人の列で手売り
胸の鼓動すら感じない日々 安めなアルコールで流し込み
まともなフリで笑ってたあの日 胸に閉まって踊る

シアターDは、渋谷にあったお笑い専門のライブハウスです。

りんたろー。さんが長い下積み時代に味わった辛さと悔しさを歌っています。

 

Popteen、MyojoにViViからのちゃお
今じゃ雑誌のカバー そこら中、出番
渋谷発祥の伝統芸能 サンパチあったら 待ってなNo1

コンビニでも買える雑誌で表紙を飾ったり、見ない日はないくらいテレビに出演したりといった現在の活躍についてうまく表現されていると思います。

逆に活躍するまでの下積み生活で味わった辛い気持ちを感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

喉元狙ってるぞ デスロール
何度も倒れても息はしてるぞ 100日後だって生きてるワニ
俺は不死身のクロコダイル haha
止められるもんなら止めてみろ 折れるもんなら折ってみろ
俺の背中に生えた翼とピンクの生えた角

話題の「100日後に死ぬワニ」と対比させて、自分たちはクロコダイルと表現しています。

ワニの未来に待っているのが「死」であるのに対し、クロコダイルは「不死身」であり「生」です。

チャラ男のキャラでありながら、実はもがいてもがいて必死に生きているのがEXITなのかもしれません。

 

間違い探しの正解の方じゃ 出逢えなかったのかもわからねえが
緑の明かりを俺らが灯す
つらい日常 解き放す出口

菅田将暉さんの「まちがいさがし」の一節を引用しているところがEXITですね。

辛かった日常でもがいている様子がよくわかりますね。

 

未熟だったあの頃の俺は 目の前のダチ助けることが
正義とばかり思いこんで たくさんの過ち重ねてきた
確かに過去は変えられないが
それでも今 生き抜くことで つかめる未来があるとすりゃ
証明するために身体揺らす

EXIT兼近さんは11年に少女売春あっせん容疑で、12年に1000万円の窃盗容疑で逮捕された経歴があります。

不遇の少年時代としっかり向き合い、未来を歩んでいく姿勢が表れています。

EXIT マリオネットにSNSの声は?

 

EXIT マリオネットのMVがクール!

マリオネットのMVは2020年8月11日に公式YouTubeチャンネルで公開されました。

このMV、兼近さんが2019年12月18日に行われた「よしもと男前ブサイクランキング2019」で獲得した賞金100万円で制作されたものだそうです。

サングラスにキャップ姿の兼近さんと、白シャツに金のネックレス姿のりんたろー。さんが渋谷を歩きながら歌う内容になっています。

渋谷のネオンは舞台やテレビで活躍している「光」の部分を、裏道や地下街は過去の下積み時代や不遇の少年時代である「闇」の部分を表しているのではないでしょうか。

渋谷系でありながら、クールな仕上がりになっています。

ところどころで出てくるマリオネットは哀愁を漂わせていて、人生の闇と光を表現しています。
 

 

EXITマリオネットの歌詞を解説!エモすぎて泣けると話題! まとめ

EXITのマリオネットの歌詞が「泣ける」「エモすぎる」とが話題です。

マリオネットの歌詞には、EXITの過去の下積み時代から、成功をつかんだ現在、そしてこれからの未来への覚悟までをセキララに描かれているような気がします。

光と闇の部分を、映像と歌詞それぞれで表現しているところがクールです。

PV数もうなぎのぼりで、注目の1曲となっています。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク