イートインがガラガラ!申告なし利用は脱税?料金据え置き店はどこ?

2019年10月1日より施行された消費増税。

食料品もお持ち帰りは8%の増税ですが、その場で食べることのできるコンビニのイートインスペースをはじめ、レストランやフードコートなどは消費税が10%になりガラガラの状態になっているという口コミが寄せられています。

 

正直、ややこしくて面倒!と思われている方が多いようです。

 

線引きが難しいところもあり、この商品は持って帰るが、こちらは今食べる!という場合や、持ち帰りで8%増税でレジ清算が終わった後に、やっぱりここで食べていこうというような気持が変わった場合は、2%の増税はどうすのか?

 

いろいろな疑問で出てきていますので、今回は消費税10%になったことによるイートインスペースの影響について調べました。

 

消費税8% と 10% どっち?

 

 

同じ商品でも税率が変わってきますので、まずはおさらい。

軽減税率 8%消費税据え置き

  • 牛丼屋・ハンバーガー店のテイクアウト
  • そば屋の出前
  • 宅配ピザ
  • 屋台の軽食(テーブル・椅子等の飲食設備がない場合)
  • 寿司屋の「お土産」
  • 有料老人ホーム、学校給食等での食事の提供
  • コンビニの弁当・惣菜(持ち帰りとして販売される場合は8%)

 

標準税率 10%消費税のもの

  • 外食、学校食堂、社員食堂
  • 牛丼屋・ハンバーガー店での「店内飲食」
  • そば屋の「店内飲食」
  • ピザ屋の「店内飲食」
  • フードコートでの飲食
  • 寿司屋での「店内飲食」
  • ケータリング・出張料理等
  • コンビニのイートインコーナーでの飲食料品

 

つまり、食品を持ち帰りして食べる場合は8%、買った場所で食べる場合は10%ということですね。

 

コンビニのイートインスペースがガラガラの現状

 

 

コンビニは食品を買って、持ち帰りにもイートインスペースがあればその場で食べることもできるという、両方を兼ね備えているので、商品によって8%と10%に分かれてしまいます。

 

コンビニで買った食料品をイートインで食べると10%、お持ち帰りにすると8%の消費増税になるので、イートインスペースで食べる人が激減しています

 

世の中の評判を集めてみました。

イートインまじでガラガラだったからびっくりしたわ。数十円の差でここまで変わるとは思わなかった。
帰り道、スーパーやコンビニのイートインガラガラ具合を見に行ったら、本当にガラガラだった。
いつもは人であふれているのに、今日は貸し切りでゆっくり使えた~!いつもと違ってイートインはガラガラ。
消費増税後初めての金曜日。コンビニのイートイン→人っ子ひとり居ねえ。

 

 

その代わりに増えたのが、コンビニの前で座ってコンビニ弁当を食べている人たち。

このような状態が広まると、コンビニに入りにくい、治安が悪くなる、という不安も出てきそうです。

 

 

 

 

 

消費増税によるレストランやフードコートへの影響は?

 

 

コンビニだけでなく、ショッピングモールのフードコート、レストラン等にも影響が出ています。

 

世の中の声を集めてみました。

 

今日帰りに買い物に寄ったが、ドラッグストアもガラガラ、いつもは賑わっているスーパーのイートインも、本当に一人もいなかった。

 

いつも混んでる蕎麦屋もガラガラ。飲食業界は大打撃だし、イートインでプラごみも増える。安倍は日本を沈没させる犯人。

 

アベさんのお陰で出前注文が激増、店は閉店ガラガラ状態。人件費が余分にかかる出前は軽減税率が適用というアホな政権のお陰で出前やめたら、店を辞めなければならくなった。

 

いつもはフードコートにおばちゃんたちがたまっているのに今日はガラガラだった。こんなにガラガラになってるとは・・・。外食業界はほとんど大打撃よね・・・。

 

 

 

イートインスペースはやはり影響を受けているようです。

 

コンビニでイートイン利用の申告なしにそこで食べたら脱税?

 

 

通常なら、8%の税率で買ったものは、そのまま持ち帰るというのが今回のルールになっています。

 

しかし、実際は8%の税率で買った食品を自己申告しないでイートインスペースで食べている人が相次いでいるそうです。この場合本来なら10%税率を支払わないといけません。自己申告を行わず、8%の税率のままイートインスペースを利用している人が約8~9割にも上るのは驚き!そして多くが、実は悪気のない高齢者や子供たちというのが現状です

 

持ち帰るか?ここで食べるか? それは支払い時の自己申告となります。

 

お店側ではレジの際に「お持ち帰りですか?」と質問し、その返答によって税率を変えているところが多いのですが、コンビニによってそのまま8%で計算をしているところもあるようです。

 

この自己申告をややこしく感じて、イートインスペースの利用は目に見えて激減しているそう。

 

セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップの大手4社は、原則として客の自己申告があった時のみ10%の税率を適用します。各社は、日本フランチャイズチェーン協会(JFA)が作成したポスターをレジ横や、イートインコーナーに掲示して周知しています。しかし、軽減税率導入の前から「申告しないで店内で飲食をする人が出て、『ザル運用』になってしまうのでは」との指摘がありました。

国内約16,500店舗のうち、約8,000店舗にイートインコーナーがあるファミリーマートは、「自己申告せずに、店内で食べている人がいることは把握しています」と、税率8%で飲食をする人がいる事実を認めます。ただ「今後も自己申告に委ねるという方針は変わりません。もし運用を変えるとなると、国に方針を示してもらうしかない」と説明

出典:弁護士ドットコムニュース編集部

 

また、8%税率で支払いをしたのにも関わらず、イートインスペースを利用しているお客さんを見つけて、店員に密告する「正義マン」が出没しているとの口コミもあります。

 

この密告によって、消費者が差額の2%を請求されたりするのは今のところないようです。

店員にとっても差額請求を訴えに声掛けしたりするのかは、あくまで自己申告に基づくため声掛け等をすることを想定していない、ということです。

 

これが本当に正義の味方なのか?と疑問に感じるところです。

 

この差額を消費者が支払わなかったとしても、コンビニ等事業所がきちんど納税してしまえば、消費者には請求が来たり脱税になることはないそうです。

 

しかし、事実コンビニには負担となるので、自己申告は正しく行ったほうがよいですね。

 

 

 

消費増税後もイートインがお得なお店は?

 

 

消費増税後も、消費者に嬉しいお値段据え置きで頑張っている企業を調べてみました。

 

デニーズ

本体の価格を値下げして税込価格を現在と同じ価格に設定。人気の7種のみだが、今後もお値段据え置きメニューは増える予定。

・デミグラスハンバーグたまご添え

・オールビーフのミートスパゲティ

・たっぷりたらこのスパゲティ

・ハンバーグカレードリア

・とろ〜りたまごとチーズのオムライス

・選べるサラダセット

 

大戸屋

期間限定4品のみ値下げ。

イートインに限り、「楽天ポイント」と「大戸屋割引パスポート」の組み合わせで9.5%の還元。

 

サイゼリヤ

ボトルワインなど一部をのぞき、税込価格を据え置き

店内と持ち帰りも同じ税込み価格のまま。

 

マクドナルド

7割の商品は価格据え置き

ビッグマック(390円)、えびフィレオ(390円)、バリューセット各種(バーガー単品価格+300円)、プレミアムローストコーヒー(Sサイズ100円、Mサイズ150円)、ドリンク各種など。

店内と持ち帰りも同じ税込み価格のまま。

 

すき家

店内と持ち帰りも同じ税込み価格で統一。

 

松屋

店内と持ち帰りも同じ税込み価格で統一。

 

てんや

天丼(並)、上天丼(並)、単品の天ぷらやサイドメニュー、そばやうどんのセットなどは税込み価格を据え置き。

店内と持ち帰りも同じ税込み価格のまま。

 

 

どのお店でもキャッシュレスやポイント還元を行っているので、実際には今までよりお得になることもあるようです。

 

 

 

今後の予想は?

 

 

まだ消費税10%が始まったばかり。

今のところコンビニ等は8%か10%か? イートインと持ち帰りの自己申告等、あいまいなところが多いのが現状です。

今後わかりやすい線引き対応がされるかもしれません。

コンビニ各社の今後の対応に注目していきます。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク